ライバーインタビューvol.5 沖縄を代表するエンターテイナーを目指して双子でライブ配信を続ける「あざMAX」が目指す未来とは?

インタビュー

2021/12/29
あざMAX

・プロフィールを教えてください。

あざMAX:安座間 章保(あざましょうた・兄)、悠維(ゆうた・弟)の双子兄弟で活動しています、ピュアMAX!愛嬌MAX!沖縄出身のあざMAXです!

双子でコンビを組もうと思ったきっかけは、二人とも大学受験に失敗し、一年浪人した後別々の大学に進学したことです。お腹の中からずっと一緒だった二人が初めて別々に生活することになって、二人で何か挑戦したいなと思い、2019年2月にYouTubeをスタートしました。

あざMAXの語源は、苗字の安座間(あざま)と、MAXを足した造語です。当時、芸人の東MAX(アズマックス)さんが活躍されていて、◯◯MAXという語呂が良かったのと、何事にも全力で取り組もうという想いをのせたMAXを足して、「ありがとう」の最上級といった意味も込めて名付けました。

その直後、YouTubeを始めた1ヶ月経った時に突然、兄が親友を交通事故で亡くし、人生で一番落胆して何もできなくなったときに、弟からの「そんな時こそ、たくさん人を笑顔に、元気にしよう!」という言葉で勇気をもらい、活動を再開しました。

YouTuberとして活動していく上で、少しでも自分たちのことを知ってもらえたらと思い、当時、LINE LIVEについて声をかけてくれた現マネージャーさんの誘いで、ライバーとしての活動も2020年2月1日からスタートしました。

「夢を叶えるために本気でライブ配信をやってみないか?」というRISEマネージャーの圧倒的な熱量に感化されて始めたLINE LIVE

あざMAX

・現在のライバー活動に至った経緯を教えてください。

あざMAX:僕たちは元々、YouTube のライブ配信も活用していたので、ライバーとして活動することに抵抗はありませんでした。

最初は、LINE LIVEとは違うライブ配信アプリで活動をしていたのですが、そちらは週1くらいでしか配信していない状態だったんです。そんな中、RISEの現マネージャーさんから「夢を叶えるために、ライブ配信を本気でやってみないか」と声をかけていただいたのが、ライバーとして一歩踏み出す大きなきっかけになりました。そこから、週1程度だった配信頻度を毎日配信に切り替えました。

とにかく、RISEの方々の熱量がすごく、配信でお金がもらえるというメリット以上に、「夢を追いかけて、人生を賭けてライブ配信をする」ということをストイックにプレゼンいただいたことがとても心に響き、東京理科大と明治大学を兄弟それぞれ卒業しましたが、その後も就職せずに、このエンタテイメントの世界一本の道を選びました。

その後、LINE LIVEのLSP(ライバー・サポート・プログラム)のライバーとしてたくさんのチャンスを頂き、「てんちむ」さんや「なこなこカップル」さんと共演させて頂いたり、テレビからお声がけ頂いて番組出演させてもらったり、現在は2021年4月から「乃木坂48」さんの「ザ・ドリームバイト」という番組で、「パパラピーズ」さんと共演させて頂いています。

僕たちの最終的な目標は、地元沖縄を盛り上げることです。必ず目標を達成して、これまで応援してきてくれたリスナーの皆様や、サポートを続けてくださったRISE及びLSPの皆様、地元沖縄の方々に恩返しします!

「全力で挑戦をし続ける」というメッセージを込めて行った24時間配信企画、YouTuberひかるさんのイベントでは1200万ポイントの総合課金を勝ち取る

あざMAX

・LINE LIVEではどのような活動を行なっていますか?

あざMAX:トーク配信(双子、ソロ)LINE LIVEでは、双子またはソロでのトーク配信やさまざまな企画配信をメインに活動を行っています。

僕たちがライバーとして大きく活躍するきっかけを作ることができたのが、「24時間配信」という耐久企画です。今はLINE LIVE内でも類似した企画が見られるようになりましたが、このような24時間配信を最初にやり始めたのが僕たちだと思います。

とにかく、眠くても、しんどくても、24時間ひたすら休むことなくライブ配信を続けるというかなりの体当たり企画なのですが(笑)、合計4回ほど行って多くの方々に応援して頂き、僕たちのことを広くLINE LIVE内で知ってもらうきっかけになりました。

そのほかにも、「山手線一周」企画という耐久企画もやりましたね。これはライブ配信を行いながら山手線を一周、約45km、15時間くらい徒歩で回るという企画です。この時は、リスナーさんの皆様がわざわざ駅のところまで応援に来てくれることもあり、オンラインとオフライン双方でコミュニケーションを取ることができた思い出深い企画になった感じです。

アワードとしては、2020年にLINE LIVEで最も活躍したライバーを表彰するLIVER AWARDで100位中5位に入選できたほか、「ガチで人生変わるかも!?大人気YouTuberヒカルがあなたをプロデュース!」で2位、「カリスマ女性YouTuberてんちむのYouTubeチャンネル出演権争奪!」で1位、「ティーン中心に絶大な人気を誇るなこなこカップルがあなたのチャンネルに!」で1位を撮るなど、ありがたい結果を出すことができました。

特に、YouTuberのヒカルさんのイベントは惜しくも2位で負けてしまいましたが、配信を始めて2ヶ月目くらいの駆け出しの時に全力を出せたイベントとして記憶に残っています。

1ヶ月目のライブ配信の総合課金は10万ポイント程度でしたが、ヒカルさんのイベントに参加したことで、2ヶ月目で300万ポイントまで伸ばすことができました。そして、最終的に4月の決勝では十数万ポイント差で負けてしまいましたが、総合課金1200万ポイントを獲得することができ、ライバーとして1本で活動していく大きな自信につながりました。

RISEのマネージャーさんは「ライブ配信の親」、時に真正面からぶつかり合いながら、信頼を積み重ねる関係を作ることができた

あざMAX

・マネージャーとの印象に残っているエピソードなどはありますか?

あざMAX:最初に現マネージャーさんと顔合わせをしたのですが、とにかくライブ配信に対する熱量に圧倒されました。僕たちはYouTubeのライブ配信からスタートしていたので、配信=サブコンテンツといった印象だったこともあり、少々軽く考えていたところがあったのを見事に改められましたね。

LINE LIVEで毎日ライブ配信を行い始めた頃から、半年間くらいはほぼ毎日のようにマネージャーさんに相談をし、リスナーさんへのコメントの返し方や企画の仕方などのさまざまなノウハウを余すところなく教わりました。

僕たちにとって、マネージャーさんはまさに「ライブ配信の親」といった印象です(笑)。LINE LIVEのことの学びはもちろん、お互いに真正面から本気でぶつかり合いながら、喜怒哀楽を共有しつつ人間的にも成長するためのアドバイスをたくさん頂き、とても感謝しています。

そのため、支え続けてくれたマネージャーさんをはじめ、RISEやLSPといった僕たちを成長させてくれた会社や環境そのものへも、必ず恩返ししたいという想いを強く持っています。ここまでついて来て、本当に良かったです。

将来の夢は「地元沖縄を代表するエンターテイナー」になること!楽しむことを忘れないことがライブ配信を続けていくための秘訣

あざMAX

・ライブ配信以外ではどのような活動を行なっていますか?

あざMAX:ライブ配信以外では、最初にお伝えした通り、YouTubeチャンネルの発信と、TikTokやInstagramなどでの発信も同時並行して行っています。TikTokは「他のSNSと比べてバズりやすい」という話を聞いてYouTubeと同じくらいの時期に始めたのですが、最初はダンス系の投稿などをしていたものの、なかなか伸びなかったです。

当時、YouTubeに関しては本当に伸びなくて、「登録者1000人(YouTube収益化のボーダーライン)いかなかったらやめよう」という話を、2020年4月ごろに兄弟でしていました。そこでTikTokで「双子あるある」というコンテンツを投稿したところ、大バズりして2〜3日でフォロワー数が2万人くらいまで伸び、YouTubeも登録者1000人を超えることができたんです。

その後、TikTokではCMにも起用いただくことができ、LINE LIVEでのライブ配信ももちろんですが、YouTubeやTikTokなどの他のSNSに関しても、情熱を持って諦めずに発信を続けることが、フォロワーを増やしていくためのコツなんだなと実感しています。

・今後叶えたい将来の夢を教えてください。

あざMAX:YouTubeチャンネル登録者数100万人を達成することが、将来の大きな夢の一つです。「2021年9月末までに10万人達成できなければ解散!」という企画をしていたのですが、やはり YouTubeで登録者数を獲得する壁は高く、達成できませんでした。

そのため、このまま諦めて解散という方向ではなく、まずはライバーとしての活動や兄弟個人での活動を頑張って、影響力をしっかりと持ち、再び2人でYouTubeチャンネル登録者数100万人を目指して活動を再開したいと考えています。直近では2022年のLIVER AWARDで1位を目指して、ライバーとして全力で頑張っていきたいですね。

そして、最終的には地元沖縄を代表するエンターテイナーとして成長し、メディアから地域貢献できるレベルまで活躍していきたいと考えています。テレビで有名な男性アイドルやエンターテイナーに負けないくらい、影響力を持てるように頑張りたいです!

・これから、LINE LIVEのライバーとして活躍していきたいと考えている方々にメッセージをお願いします。

あざMAX:ライブ配信をしていると、どうしても周りからどう見られているか、相対的な評価が気になるところもあると思います。僕たちも、LINE LIVEで配信を始めた頃は、人目を気にして毎日、一喜一憂していました。

でも、一番大切なことは「自分たちが全力でライブ配信を楽しむこと」だと思います。まずは周りを気にすることなく、自分がやりたいことに挑戦してみてください!

LINE LIVEでのライブ配信はYouTubeとは違い、リスナーさんとの双方向のコミュニケーションを楽しむことができるのが一番の魅力です。一方で、厳しいコメントをもらったり、時には傷つくようなコメントに心揺らいだりすることもあるでしょう。

そんなコメントにめげることなく、自分たちを応援してくれるコメントだけに目を向けるように心がけて、是非とも諦めることなくライブ配信を続けてみてほしいです。

やりたいことを続けている姿を見せ続けることで、あなたのことを応援してくれるリスナーさん達が必ずついてきてくれるはず。もしも悩んだ時は、RISEのマネージャーさんに相談すれば全力でサポートしてくれますから、安心して挑戦してみてくださいね!

▼あざMAX SNS

 

【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCP3MHMpXpa0UYiaXu4gJMrw

【TikTok】

https://www.tiktok.com/@azamax_twins

【Instagram】

https://www.instagram.com/shota_azama/

https://www.instagram.com/yuta_azamax/

【Twitter】

https://twitter.com/mr_tus2017_sho

https://twitter.com/Yuta_Azama

【LINE LIVE】

https://live.line.me/channels/4594305

関連記事

ライバーインタビューvol.6 夫婦でライブ配信を行う「妻の爪楊枝さきこ」さんが、たった1年で2021年ベスト新人賞受賞・LINE LIVE AWARDに入賞できた理由とは?

ライバーインタビューvol.4「LGBTQの方々の心の拠り所になるようなタレントになりたい」という夢を持ち、ライブ配信を続ける「ぷぅさん」が思い描く未来とは?

ライバーインタビューvol.3「LGBTへの偏見を少しでもなくしていきたい」自身の体験をもとにマイノリティの味方として活動を続ける「釜田あつこ」の目指す未来とは?

ライバーインタビューvol.2「音楽で飯を食っていく」ことを30歳から掲げ、路上ライブの魅力をLINE LIVEを通じて発信し続ける「根のシン」が挑む新たなる挑戦とは?

ライバーインタビューvol.1「令和の歌まね女王」として、トップライバー・エンターテイナーとして活躍する「よよよちゃん」が目指すLINE LIVEを介して叶えたい未来とは?